北海道(札幌・帯広)のクリエイティブ事業会社、商藝舎のメンバーが発信するブログ。商藝舎MBM事業部はウェブ制作、デザイン制作を行っています。

  1. 経営について
  2. 96 view

仕事における顧客やユーザーの感動の閾値

仕事の感動の閾値

顧客が感動してもらえるサービスまで高めるためには、ちょっと期待を超える程度ではだめだと考えている。顧客それぞれが持つある一定の閾値を超えなければ感動しない。

ちょっと心動かすだけでは意味がない。圧倒的な感動を与えるような仕事を目指したい。最近そんな感覚で仕事をしていると、顧客も結果も自然とついてくるようになってきた。いろんな経営者のタイプがいると思うが、私はまだまだ(一生)現場に立ち続けないとだめだなと思ったし、こんなに憂鬱で面白い仕事は死ぬまでやり続けたいと思う。

※閾値 wikipedia

常識のフレームを超える

感動の閾値を超えるには、常識のフレームを超えることだと思う。例えば、顧客のために仕事をするという常識のフレームを取っ払ってみる。私たちは顧客に忠実になるのではなく、顧客のより良い変化に忠実になる。と定義した。それによって、企業サイトに記載する代表メッセージの原稿に我々からフィードバックをするときもあるし、論理的に考えて絶対に実行すべき施策についてはしつこく提案してきた。このことで、逆に信頼してくれる瞬間がある。これこそ感動の閾値を超えることだと思う。

これは、営業段階、企画段階、制作段階、すべての段階で感動してもらうことが可能だと思う。ひいては、プロジェクトのアウトプットを通じてユーザーを感動させて、目的とする結果を導かなければプロとして失格だ。

そのために、私たちはこれからも常識のフレームを飛び越えていく。

そんなことを考えながら、「社内の肩書きをインベンターとアーキテクトの2種類だけにしました。

経営についての最近記事

  1. 社内の肩書きをインベンターとアーキテクトの2種類だけにしました。

  2. 仕事における顧客やユーザーの感動の閾値

  3. 「雇用」と「業務委託」の境界

  4. 全ての出来事を自分事として成長機会にすること

  5. 社是「感謝・謙虚・誠実」

関連記事